リソース - 視覚的な要約

セントロメアのカウントによる 対物レンズ倍率の比較

Related Products: Cytation5 細胞イメージング・プレートリーダー, Lionheart FX 全自動顕微鏡

July 28, 2017

赤い矢印 関連アプリケーション免疫蛍光表現型アッセイ

イメージングシステムの解像度は、画像分析の成功の基礎です。 本資料では、細胞核内のサブミクロンの物体であるセントロメアのカウントを用いて、20倍のドライ対物レンズ(0.45 NA)と100倍の油浸対物レンズ(1.42 NA)の画像を元にした解析を比較しました。 細胞核はDAPIで染色し、セントロメア(CENP-A)はTexas Red標識抗体で免疫染色しました。


 

link