February 16, 2018

赤い矢印 関連アプリケーション遺伝毒性

二重鎖切断(DSB:double-strand break) は細胞死や腫瘍形成と関係しており、哺乳類細胞では、最も深刻なDNA損傷の1つです。 DSBの初期マーカーとしては、DNA修復のプロセスの中で、ヒストン2AX(H2AX)がγH2AXへリン酸化されることが挙げられます。本資料では、γH2AXを免疫染色した後、自動蛍光イメージングを実施。画像解析ではGen5のデュアルマスク機能とスポットカウント機能を使用。薬物処理後、核ごとに標識されたドット(foci)をカウントしました。

 


 

link