波長幅可変のモノクロメーター方式

多くのモノクロメーター光源を搭載したプレートリーダーでは、蛍光染色や蛍光退色といった蛍光強度測定に柔軟に対応できます。モノクロメーター方式で半値幅が固定のプレートリーダーではスタンダードな蛍光測定は十分に可能ですが、ストロークシフトの狭いもの等に関しては最適であるとは言えません。

Synergy™ Neo2 ハイスループットプレートリーダー, Synergy H1 マルチモードプレートリーダー , Cytation™ 5 , Cytation 7 細胞イメージングプレートリーダーには半値幅可変の光学系が搭載され、特異度高くまた高感度に測定できます。Synergy Neo2はレンジ幅が 3 nm to 50 nm, Synergy H1, Cytation 5 , Cytation 7 hは 9 nm~50 nmで、それぞれ 1 nm 刻みで選択できます。

蛍光検出用の半値幅可変のモノクロメーターの利点について、詳しくは以下のビデオをご参照ください。 

 

Synergy Neo2
Variable Bandwidth Monochromators

Cytation 5 & 7
Variable Bandwidth Monochromators

Synergy H1
Variable Bandwidth Monochromators

 

BioTekマイクロプレートリーダー(半値幅可変)を用いた最適なアプリケーション例:

 

この機能は下記の製品でご使用いただけます:

 
link