product design

細胞イメージング&顕微鏡

当社の細胞イメージング&顕微鏡システムは、イメージキャプチャおよび分析ワークフローを自動化します。また、様々な予算に対応できます。イメージングモードには、蛍光、明視野、位相差およびカラー明視野が含まれます。

全自動生細胞イメージャー

全自動生細胞イメージャー

Lionheart™ 全自動デジタル顕微鏡は、細胞画像の撮影、分析、アノテーションやタイムラプス動画作成も素早く簡単に行えます。Lionheart™ FX は、最大100倍までの対物レンズを搭載可能で、明視野、カラー明視野、位相差や蛍光イメージングのモードが利用可能です。40°Cまでのインキュベーションや、CO2/O2コントロール、湿度コントロールが可能なチャンバーを含む幅広いワークフローをサポートしています。Gen5™ ソフトウェアを利用することで画像キャプチャ、処理、解析を自動的に行い、論文発表にも活用可能な画像やデータを作成することができます。 BioSpa生細胞自動イメージングシステムは、Cytation 細胞イメージングマルチモード・プレートリーダーとBioSpa 自動制御インキュベーターを統合し、完全に自動化された生細胞分析システムを作成できます。サンプル処理から画像解析まで、完全に自動化されたシステムにするために、さらにリキッドハンドリング装置を追加することもできます。
細胞イメージング・マルチモードリーダー

細胞イメージング・マルチモードリーダー

Cytation™シリーズは、自動化されたデジタル顕微鏡と従来のプレートリーダー機能を組み合わせた細胞イメージングマルチモード・プレートリーダーです。この特許出願中のデザインにより、数値データだけではなく、画像ベースの豊富な細胞情報を取得することができます。デジタル顕微鏡としては、蛍光・明視野・位相差及びカラー明視野のモードが利用可能です。プレートリーダー機能についても、後からアップグレードができるモジュール型を採用しており、蛍光・吸光度・発光・蛍光偏光・時間分解蛍光およびAlpha(レーザー励起)の測定が可能です。
link

私たちは、ウェブサイトの訪問者に最良の体験をしていただくためにCookieを使用しています。ブラウザの設定を変更せずに続行する場合、BioTekのウェブサイトですべてのCookieを受け取ります。Cookieの使用方法やブロック方法についての詳細については、Cookieポリシーをご覧ください。