product design

Synergy HTX マルチモードプレートリーダー

Synergy HTX マルチモードプレートリーダー

Synergy™ HTX はコンパクトなシステムで、コストパフォーマンスに優れたマルチモードプレートリーダーで、6〜384ウェルプレートとTake3 微量測定プレートに対応しています。吸光度、蛍光、発光、 AlphaScreen®/ AlphaLISA® に対応しており、それぞれが独自の光学系を保つため、優れた感度を発揮します。インキュベーションや撹拌設定、オプションの試薬インジェクターモジュールを使用することで、現在および将来使用する試験系の要件をすべて満たすことができます。Synergy HTX は強力かつ使いやすい Gen5 データ解析ソフトウェアにより制御され、測定と分析、データのエクスポートや記録ができます。

アプリケーション

Synergy HTXは、紫外可視領域の吸光度とフィルターベースの蛍光および発光測定が可能で、たくさんの重要なエンドポイントおよびカイネティクスアプリケーションに使用可能な汎用性とパフォーマンスを持っています。
Synergy HTXを用いて検出可能な活性酸素(ROS)種の電子構造
Synergy HTXを用いて検出可能な活性酸素(ROS)種の電子構造
ORACアッセイ、Gen5によって計算された面積
ORACアッセイ、Gen5で計算された曲線下面積(AUC)。
Take3
Take3 Plateで最大48サンプルの微量(2μL)定量


これらは、Synergy HTXにたくさんある重要なアプリケーションのほんの一例にすぎません。 アプリケーションのページをご覧ください。

link

私たちは、ウェブサイトの訪問者に最良の体験をしていただくためにCookieを使用しています。ブラウザの設定を変更せずに続行する場合、BioTekのウェブサイトですべてのCookieを受け取ります。Cookieの使用方法やブロック方法についての詳細については、Cookieポリシーをご覧ください。