product design

Synergy H1 ハイブリッドマルチモードプレートリーダー

Watch Video    |    See Product Reviews


Synergy H1は、構成可能なマルチモードマイクロプレートリーダーであり、柔軟性のためのモノクロメーターベースの光学系、感度のためのフィルターベースの光学系、またはその両方を備えています。BioTekの特許取得済みハイブリッドテクノロジーは、ラボのニーズの変化に応じて拡張できるモジュラープラットフォームでアプリケーションの多様性と優れたパフォーマンスを提供します。 。 Synergy H1は、蛍光励起および発光波長選択用の連続可変帯域幅モノクロメーターを提供するようになりました。蛍光帯域幅は1nm刻みで9nm〜50 nmに設定できるため、ユーザーはリーダー設定を完全に最適化して、固定帯域幅システムと比較して最高のアッセイパフォーマンスを実現できます。一部のSynergyH1構成で利用可能な70°Cへの温度制御により、酵素反応速度論、タンパク質の安定性/凝集などの高温アプリケーションの範囲が広がり、処理能力とLAMP(Loop Mediated Isothermal Amplification)アッセイを最適化する機能が向上します。


マイクロプレートの調達は、セルベースのワークフローを準備する上で追加のタスクであってはなりません。アジレントは、ワークフローをシームレスに完了することができるように、細胞培養およびイメージングマイクロプレートを提供するようになりました。無料サンプルをリクエストするには、 ここをクリックしてください。

新着情報

Download our Application Note to discover how combining MitoXpress and pH-Xtra reagents with BioTek plate readers provide sensitive detection methods, including advanced lifetime (µs) time-resolved fluorescence (TRF), for getting the most meaningful data out of your cell metabolism assays.


DOWNLOAD

アプリケーション

Synergy H1は、波長幅可変の4重バリアブルモノクロメーター、ガスコントローラー、インジェクターを搭載でき、蛍光、発光、UV-Visなどの幅広いアプリケーションに使用できます。
H1酵母
酵母の成長に対するエタノールレベルの増加の影響
HTRF
HTRF® ratios for AMD3011 and SDF1-alpha
Take3
Take3プレートを使用した最大48サンプルの微量(2 µL)定量


これらは、SynergyH1の多くの重要なアプリケーションのほんの一例です。詳細については、アプリケーションページにアクセスしてください。

BioTekフィールドアプリケーションサイエンティスト(FAS)と製品スペシャリストは比類のない科学的サポートを提供し、BioTekの機器とソフトウェアの実験計画とアッセイの最適化を支援します。

特徴

green box ハイブリッドプレートリーダー:柔軟性とパフォーマンス

Hybrid plate reader: Flexibility and performance

Synergy H1は特許取得済みであるモノクロメーターとフィルターの組み合わせにより、ラボの様々なマイクロ プレートアッセイに必要な柔軟性とパフォーマンスの両方を提供する高度なプレートリーダーです。
モノクロメーター: 波長幅可変、UV-Vis吸光度測定、蛍光測定、発光測定
フィルター: 高感度蛍光測定、蛍光偏光、時間分解蛍光、フィルター発光測定

green box 将来のアプリケーションのニーズに合わせてアップグレード可能

Variable bandwidth for sensitivity and specificity

Synergy H1のアップグレード可能なモジュールデザインは、導入時に必要な仕様で導入し、必要に応じて 検出系・ガスコントローラー・デュアルインジェクターなどを後から追加できます。

green box 感度と特異性を向上させる波長幅可変機能

Advanced microscopy: Unlimited possibilities


Synergy H1は波長幅可変の4重バリアブルモノクロメーターを搭載しています。ExcitationとEmissionの 波長幅を9nm~50nmの間で1nm刻みで自由に設定可能です。 広い波長幅設定は(1)感度が向上し検出限界 が低くなります。 狭い波長幅設定は(2)他の蛍光物質や励起光の漏れ込みを最小限に抑えアッセイパフォーマ ンスの向上を図ります。
 

green box 検出器の高さ自動調整機能:すべてのプレートでベストパフォーマンスを実現

Micro-volume analysis with Take3 plate
(1) 高さ自動調整機能なし:液量の少ないアッセイで測定値に影響を及ぼします。(2) 高さ自動調整機能あり:あらゆるプレートタイプ、液量においてベストパフォーマンスを提供するために、 フォーカス位置を自動調整します。

green box 広いダイナミックレンジ

Micro-volume analysis with Take3 plate
Synergy H1は拡張されたダイナミックレンジを有しており、これにより7桁の測定範囲にわたる検出が可能です。 他のシステムではプリセットゲインを用いてSynergy H1のダイナミックレンジのごく一部のみを検出できますが、 これは検出可能な下限において感度の低下や、上限付近にてシグナルが飽和する可能性があります。
 

green box セルベースアッセイのための環境コントロール

Environmental controls
70℃までの温度制御、結露防止機能、 CO2/O2 コントロール、振とうといった環境コントロール機能によって ライブセルアッセイの最適な環境を作り出します。 このような一貫した環境コントロールは長時間の カイネティックアッセイにおいて一貫したデータを提供します。
 

green box デュアルシリンジインジェクター ~選べる先端チップ~

Micro-volume analysis with Take3 plate
1) 堅牢で正確なデュアルシリンジ方式では、従来のペリスタポンプ方式で必要であった定期的なチューブの交 換が必要ありません。 またSynergy H1は用途に合わせて、2種類の先端チップから選択可能です。 (2) ストレート チップは激しい懸濁や迅速な分注と測定を行うアッセイに。 (3) アングルチップは壁面分注により、接着細胞の剥 離を防ぎ、カルシウムフラックスのようなアッセイにて最適な結果を提供します。
 

green box  微量サンプル測定プレートTake3に対応

微量サンプル測定プレートTake3に対応
Synergy H1での微量サンプル測定にはTake3が便利です。 1度に16サンプル若しくは48サンプルの測定が 可能で、他の1サンプルずつ測定する装置よりも飛躍的にスループットを向上させます。 最小2µLから ssDNA、dsDNA、RNA、タンパク定量が可能な、カスタマイズ可能のプロトコルが用意されております。

 

製品レビュー

Customer Spotlight

SwanseaBiocontrol of Invertebrate Pests Using Natural Agents: Investigating Host-Pathogen Interactions with the BioTek Synergy H1

24-June-15

Biocontrol agents provide a safer alternative to chemical pesticides and insecticides for the agricultural and forestry industries, as well as human health. In this video, Dr Bethany Greenfield, Post-Doctoral Research Assistant in the Biocontrol and Natural Products (BANP) Group at Swansea University, describes her research into the use of Metarhizium anisopliae for the control of mosquitoes. Hear how the BioTek Synergy H1 enables the group to efficiently perform a range of analyses, from protein quantification to measuring insect stress response.

 

>> MORE

文書をダウンロード もっと詳しく 見積依頼
link